ピザ屋のクリスマス

短期大学生の2年間に某ピザ屋でアルバイトをしていました。配達ではなくメイキングの方に入らせていただきました。主に配達専門で取りにこられたお客様には何%か割り引くと言うスタンスのお店でした。他の飲食店と異なる所は、配達専門のお店なので注文がなければ野菜を切る仕込みをしたり配るチラシを折りにクーポンを貼り付けたりする事の他には何もする事がないので出勤して配達が2.3件で終わる時もありました。なので5時間勤務して実質働いたのは、1時間であとの4時間は何もしないで4時間分の給料が頂けていました。他の飲食店でも働いた事はありましたがこう言う事はありませんでした。

また勤務して一度も配達の電話がならなかった事もありました。チラシ折りも何千枚単位で折り、クーポンを貼り付けていたのでこれも他の飲食店と異なる所かもしれません。チラシを配る範囲が配達範囲なのでどこまでが配達区域なのか知る必要もありました。時に間違えて配達区域以外の配達を受けてしまうと後のお客様に時間通り配達できなくなるのできちんと把握しておく必要があります。またピザを作る人が電話対応もするのでお店から配達場所までのだいたいの時間も把握し今配達に行っているドライバーがあとどれくらいでお店に帰ってくるかなども重要です。

ドライバーは時間があるときには配達場所を地図で確認して行きますが、時間が無い場合は地図をゆっくり見ている時間も無いのである程度配達範囲の地図を覚えておかなければなりません。実際に行ってみないとわからないお家もあるので一度行った所は忘れないようにします。土地勘が無いドライバーはとても大変だと思います。ここのお店の他にもう一店舗ありそちらのお店にも手伝いに行っていましたがこちらは土地勘がないので道を覚えるのにとても苦労しました。これも他の飲食店と異なる所や、特徴的な所だと思います。

ピザ屋と言う事で一番忙しい時期はクリスマスです。クリスマス前後になると2時間待ちになっていました。取りにこられたお客様も50分待ちでした。ここのピザ屋では基本的にメイキング1人、ドライバー2人でしたがクリスマス前後になるとメイキング4人、ドライバー6.7人、電話対応に1人でやっていました。メイキングもピザのレシピは目に見える所にあり、時間がある時には慣れていないメイキングの方はレシピを見ながら作れますが忙しい時期にはレシピをみている時間も勿体ないのでクリスマス前には全てのレシピを覚えていなければなりません。クリスマス時期はサイドメニューもメイキングがやります。ピザを焼いてピザの焼き具合でサイドメニューをいれるのでサイドメニューもすべて覚えてなければなりません。色々な飲食店で仕事をさせていただきましたが忙しい時期は一番大変なのではないかと思います。ドライバーは配達から帰ってきてまたすぐ配達と言う状態になりますのでメイキングが次の配達準備もしなければなりません。2年アルバイトをさせていただいていた私はメイキングをしながら、次の配達準備も任されていたので余計に大変だと感じたのだと思いますが。

メイキングメインで仕事をさせていただいていましたがバイクの免許もあり地元民だったのもあり、ドライバーの仕事もやり始めました。バイクの免許はあるものの三輪バイクは運転した事がありませんでした。ピザを崩れないように配達する事、時間指定のお家にきちんと迷わず届ける事の難しさを知りました。なので忙しい時期にはメイキングが次の配達準備をすることにとドライバーがメイキングを信頼していないと成り立たないと感じました。ここのお店でアルバイトをするまで電話対応の経験が無かったのですが大分と電話対応のスキルが身についたと実感します。