労働基準法に違反しまくりの家庭教師紹介業

私は今現在社会保険労務士の資格取得に向けて勉強中なのですが、恥ずかしながら20代後半になるまで労働基準法についての知識がほとんどありませんでした。「高校生は22時以降働いちゃダメ」「最低賃金は守らないとダメ」とか、その程度の認識だったんです。

そしてこの資格を目指すようになり、いろいろと勉強を進めていくうちに「あ~、あの時のあれって違法だったんだなぁ」と昔の自分を振り返ることが何度もありました。そんな私の実体験の中で特に印象に残っているアルバイト先について赤裸々に語ろうと思います。

都内某所、誰もが知っているようなターミナル駅から徒歩5分ほどの所にあるビルの一室にその企業はありました。 当時の私は20代前半。それまで働いていた職場が東日本大震災の影響で倒産寸前になり、自主退職をした後に無収入の期間を作りたくなくて、取り敢えずという感覚でアルバイトを探していました。 そのアルバイトは某大手アルバイト募集サイトで見つけたのですが、子供に家庭教師をつけたいと考えている保護者から希望を聞き取り、登録している家庭教師(ほとんどが現役の大学生でした)の中から条件に合う人をピックアップしてマッチングや研修を行った後に派遣するという、いわゆる家庭教師紹介業の企業でした。

時給は1000円前後、土日祝休み、デスクワークとのことだったので自分の希望する条件にも合うため、早速その企業に応募し、面接までこぎ着けました。 採用後に聞いた話では4人の採用枠に80人以上が応募してきたそうで、私が採用されたのは恐らく”明日からでも来れる””レギュラー勤務ができる”というあたりが理由だったと思います。

無事に採用され、いざ初日に出社してみると…10時から業務開始のはずなのに私達新人以外は誰もいないんです。 驚いて上司に電話をしてみると、15分ほど遅れることと、それまで待っているようにとの指示がありました。 今思えばこの時点からもっと怪しいと思うべきだったんですよね。ちなみにその上司が鍵当番の時は3回に1回は遅刻していました。そして上司が到着するまでタイムカードが押せず、ひどい時には2時間以上も無償でひたすら待たされました。

さて、ようやく業務が始まったと思うと、電話帳くらいはあろうかと思われる冊子が手渡されました。中を見てみるとつらつらとセリフのようなものがぎっしり。不思議に思っていると上司から「これは新人の家庭教師達に研修をする時の台本です。業務の合間にこれを読んで1週間以内に暗記してください。ちなみにこの台本を読んでいる時間は業務ではないので時給が発生しません。丸暗記するのではなく、説得力のある話し方ができるようにしておくように」とのお達しが。 びっくりしましたが、早く覚えないと時給が発生しないので家に持ち帰ったりして必死に覚えました。業務の合間にとも思ったのですが、まだ右も左も分からない段階からベテラン社員と同じ量の仕事を与えられていたため、昼休憩すらなしで働かされたいたために暗記に割く時間は帰宅してからしか取れませんでした。

それでも何とか台本を覚え、それを上司に報告したところ、入って半月も経っていない私が他の新人の教育とサポートをするようにと言われ、そんなの無理ですと断っても聞く耳ももってもらえず、毎日他の新人のフォローと増える一方の仕事で終電まで残業が当たり前になっていました。 一人暮らしであったことと、他の人達よりは近いところから通っていたために終電が遅くまであったことが裏目に出ていました。

そして締日が近付いたある日、上司から私のタイムカードを手渡されました。 「退社時間の部分を全て定時に書き換えて訂正印を押して。今後は定時になったらタイムカードを打刻してから残りの業務をやること」と言われ、 流石に驚いて「じゃあ残業代は出ないってことですか? 時給での契約なんですけど?」と反論したところ、 「でもその時給分の仕事ができてないでしょ? ちゃんと業務量をこなせるようになったら残業代も払えるようになるから。」とさらりと言われてしまいました。

今なら「いやいや、それ労働基準法違反ですから!」と毅然と言い返せるんですけど、その当時はそんな知識もなかったので渋々訂正してしまったんですよね。 そのことで上司は気を良くしたのか、その後も無茶な残業を当たり前のように押し付けられ、ある日終電を逃してしまい、タクシーに乗るほどの手持ちがなかったので歩いて帰ったことがあり、そこでプツンと何かが切れてしまいました。

翌日から出勤しようとするとひどい頭痛と吐き気に襲われ、まともに布団から出ることも出来なくなってしまいました。 その後、逃げるように実家に帰り、電話で退職の意思を伝えたところ、仕事を放棄したのだからとその月の給料は払わないと宣言されました。このお金は未だに払われていません。

皆さんも私のような目に合わないように、最低限の労働基準法は勉強し、少しでもおかしいなと思ったら労働基準監督署に相談してみてくださいね。 通報ではなく、「こんなことがあったんですがこれは違法ですか?」と質問するだけでも心のモヤモヤがなくなると思いますよ!