バイトまかせの飲食店でいつまでも研修中

アルバイトやパートの場合は特に、求人票と現実は異なることが多いです。 いくつか経験すると慣れてきてしまって、 多少は仕方がないかなと思うようになりました。 しかし、最近まで働いていた所では、もう何から何まで話が違っていて、 さすがに耐えられずに辞めてしまいました。

時給が違う

やはり賃金は、一番問題になることが多いです。 特にアルバイトを選ぶ時、ひとつの目安にする部分なので、話が違うと困ります。

個人の飲食店なのですが、そのお店では時給1000円と書かれていました。 勿論、そこだけに惹かれたわけではありませんが、 飲食店でその時給は魅力だったため、実際違った時にはがっかりしました。

どう違ったかと言うと、面接の時になって 「研修期間中は900円、その前の試用期間中は800円」と言われたのです。 この辺りで怪しいことに気付けば良かったのですが、 研修中に時給が異なること、それが求人票に書かれていないことは、 今までの経験上何度もあったので、それ程気にしていませんでした。

研修期間と試用期間を分けて時給を下げるのは初めて聞いたので、 一応少し突っ込んでみると、 「でも試用期間は、最低限のドリンクが回せるくらいです。 人によっては1~2週間で終わりますし、 あなただったらしっかりしているので大丈夫ですよ」 と言われたので、そのくらいなら良いかと思ってしまいました。

実際、採用して頂き働くようになると、 これが全く違うことが判明しました。

まず、同じアルバイトの先輩たちの話を聞くと、 いつまで経っても時給を上げてくれず、ずっと800円とのことです。 しかも面接で言われたことが全員バラバラでした。 一番経験の長い人が、さすがに怒って店長に訴えたのですが、 「全然シフトが入っていないのに1週間で終わるはずないでしょ?」 「大体1週間なんて言ったおぼえはない」 「ちゃんと全部の仕事ができてから」 書類も交わしていない為、どうにもできません。

確かに週1~2日の人が、1週間で試用が終わるなんて思っていませんが、 何カ月も経って、ある程度仕事ができているのに上げてくれません。 何度もしつこく基準を聞いたところ、 「開店から閉店まで、一人で回せる能力がついたら」 900円にしてくれるとのこと。 1000円になる基準は、 「後輩の指導、新しいメニューの開発、提案などマネジメントがしっかりできてから」 高校生も多いような職場で、これでは1000円になる人はいないでしょう。 確信犯なのかどうかは分かりません。 とにかく、これにはかなり不信感を持ってしまいました。

仕事内容が違う

これまたしょっちゅうある話なのですが、 ここのお店は特別ひどかったです。 求人票には「ホール、調理補助」と書かれていました。 「料理経験がなくても大丈夫!盛付など、簡単な作業のみ」とアピールしており、 私の場合多少は料理ができるので、まぁ大丈夫だろうと思っていました。

それが実際は、「補助」の域をはるかに超えていました。 スープや付け合わせなどは、自分で考えて作れと突然言われます。 いくら料理ができても、お店で出すものを、 レシピもなく、作れ!では本当に困ってしまいました。 慣れない業務用のコンロや鍋で、火加減なども分からないし、 調理方法も店長と社員、アルバイトで全員バラバラでした。 戸惑ってしまって、うまくできずにいると、 「料理するんでしょ?そんなこともできないの?」 とできて当然のように言われました。 それこそ高校生の子などはほとんど料理経験がなく、 パニックになり何人も辞めていきました。

他にも、時間に余裕がある時は、 恐らくそのお店には関係ないような書類の整理だったり、雑用をやらされました。

こういったことが積もり積もって、 さすがについていけずに、辞めることにしました。 どこでもある程度あるとはいえ、 求人票に良いことばかり書いてある所は怪しいと、良い経験になりました。 今度からはもっと慎重に考えなくては、と思います。